相続トラブル対策

相続トラブルを避けるためには?

相続財産の内容を明らかにする

遺産相続の少ない家庭でも起きる傾向が多い相続トラブルで、財産の内容がわからなければ、よりもめる事になりかねません。                               被相続人の財産がどこにあるのかわからない、どれだけ財産があるかわからない、といったトラブルを防止するために「財産目録」を作っておくことが重要なります。

遺産分割の際は、相続人全員で「遺産分割協議」を行うのが一般的ですが、「被相続人の財産の全容を知る人・知らない人」が存在する場合に、隠し財産や取り分についての疑いの心が生まれて、
遺産分割協議がスムーズに進まなくなる可能性があります。

”財産目録”を作っておくと無用なトラブルを避けられる

財産を管理していた者の責任としてあらかじめ財産目録を作成することが、余計なトラブルを避けるためには有効です。